脂肪燃焼ダイエットと対策法TOP > 痩せる方法について > 有酸素運動で脂肪燃焼しよう!

有酸素運動で脂肪燃焼するには?

有酸素運動で脂肪燃焼できることは、今では常識になっています。有酸素運動とは、楽に呼吸ができる状態で、長時間のエクササイズも可能な運動をいいます。

それに対して無酸素運動がありますが、こちらは息が苦しくなるようなエクササイズになります。全力で疾走したり、重いバーベルを持ち上げるときは息が乱れますが、これが無酸素運動です。

有酸素運動のエネルギー源の主体は、脂肪酸です。いっぽう無酸素運動の主要エネルギーは、糖質です。糖質はエネルギーになりやすく、膨大な燃料を必要とする無酸素運動においては、糖質のほうが利用効率がよいのです。

有酸素運動では、それほどのカロリー消費はありませんから、脂肪酸をエネルギー源としても大丈夫といえます。もちろん最初の20分以内は、血液中の糖質や脂質も使われます。そして徐々に、体脂肪が分解されて、燃焼されていくという流れになります。

有酸素運動で脂肪燃焼することは、このように20分以上続ければ、自然とできます。しかし、けっしてやってはいけない時間帯というものがあります。それは食後数時間です。

このときは血糖値が高めで、インスリンが盛んに分泌されています。インスリンはブドウ糖や脂肪を体内に溜め込むホルモン。つまり脂肪の分解や燃焼とは、真逆の働きをするのです。ですからインスリンが分泌されている時間帯に、有酸素運動をしても脂肪燃焼できないことに。

ではどうすればよいのでしょうか?そうですね、インスリンが分泌されていない空腹時にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすればよいのです。

空腹時といえば、朝起きた直後がもっともお腹が空いています。このときはグルカゴンというホルモンが分泌されています。そして脂肪分解酵素のリパーゼを活性化して、脂肪を分解しているのです。もっといえば、リパーゼにも2種類あり、ホルモン感受性リパーゼのほうが活性化されます。

このように空腹時は血液中に盛んに脂肪酸が溶け出していますから、有酸素運動で脂肪燃焼をする絶好のチャンスです。ただし起床直後は、激しい運動は控えておきましょう。血糖値が低いために、ゆるめのウォーキング程度が適しています。それと水分だけは摂取してから、ウォーキングにでかけましょう。睡眠中はコップ一杯分の汗をかいているといわれています。

ですから起きた後は、血液がどろどろになっています。水分を取らないで有酸素運動をしても、血行が悪くなり、脂肪酸が効率よく筋肉細胞まで届かなくなります。

このように有酸素運動で脂肪燃焼しようと思ったら、空腹時に行うとよいのです。当然、夕食まえの空腹時も脂肪が燃えやすい時間帯になります。