脂肪燃焼ダイエットと対策法TOP > 痩せる方法について > 体脂肪の燃焼をする秘訣とは?

体脂肪の燃焼をする褐色脂肪細胞

体脂肪の燃焼というと、有酸素運動などのエクササイズを思い浮かべるかもしれません。しかし運動ばかりが、脂肪燃焼ダイエットではありません。

じつは運動時以外でも、安静時に、体脂肪は分解されて、とろとろと血液中に溶け出しています。そして筋肉細胞内で、運動なしで燃焼しています。人体には、運動しなくても脂肪が燃焼する機構があるのです。これを可能にするシステムがUCP=アンカップリングプロテインです。

このように運動しなくても、筋肉細胞で脂肪は燃えますが、じつは脂肪細胞も脂肪を燃焼しています。一口に脂肪といっても、白色と褐色に分かれます。

白色脂肪細胞は、通常いわれる脂肪のことです。食べすぎで、どんどんたまっていく脂肪ですね。たまっては困るタイプです。いっぽう褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞を燃やしてくれる脂肪。体脂肪を燃焼してくれるのです。

簡単にいうと褐色脂肪細胞は、筋肉細胞のように、細胞内に脂肪の燃焼工場であるミトコンドリアを持っています。脂肪が体脂肪を燃焼するというと、不思議な気がしますが、実際に行われているのです。

たとえば食後に血糖値が上昇すると、レプチンというホルモンが白色脂肪細胞から分泌されます。これが脳の満腹中枢に作用して、食欲が抑制されます。このとき視床下部にお願いして、褐色脂肪細胞を活性化してもらうのです。脳からは、交感神経経由で、褐色脂肪細胞に指令が行きます。「白色脂肪細胞にたまってきたから、体脂肪を燃焼するように」というわけです。

褐色脂肪細胞は主に、心臓や腎臓のまわり、肩甲骨の間、脇の下に集中して存在しています。ここに交感神経からの指令として、アドレナリンやノルアドレナリンが到達すると、白色脂肪細胞をミトコンドリア内で燃やし始めます。

これは運動しなくても、体脂肪の燃焼がなされますから、ダイエットで成功するためには、運動とともに欠かせない大事な要素といえますね。

テレビを見ていると、よく早食い選手権とか、大食いの人っていますよね?しかも、とても痩せているのです。いわゆる痩せの大食いですね。このような人たちは、運動量が多いというよりも、褐色脂肪細胞の数が多かったり、活性度が高いために、たくさん食べても、それらがすぐに消費されてしまうのです。

ある意味、ダイエッターにはうらやましいといえますが、反対にいえば、たくさん食べないと満腹になれないということ。食費もかさみそうです。

でも通常の人は、褐色脂肪細胞を活性化したからといって、あそこまでカロリー消費がアップすることはありません。体脂肪の燃焼には役立つので、ぜひ活性化しましょう。

褐色脂肪細胞を活性化するには、寒冷刺激を与えるのがよいといわれています。もともと褐色脂肪細胞は、ヒーターの役目を果たし、熱を生み出すことによって体温を一定の状態に保つための機構です。背中で暖められた血液が全身回ることによって、体温が上昇するわけですね。

ですから、少しだけ肌寒い状況を作り出すことで、褐色脂肪細胞の数は増えていきます。でも、これでは冬しか実践できないことに。1年中活性化して、体脂肪の燃焼に役立てたいのなら、水泳をすることが最もいいでしょう。

温水プールではなく、冷たいプールで泳いでいると、体温が奪われます。すると褐色脂肪細胞が、体温を一定の状態に保とうとして、活性化してくるのです。このとき体内に蓄積されている白色脂肪細胞が、どんどん分解されて燃焼されていきます。

体脂肪の燃焼は、冷点のある手のひらを冷やしてもよいといわれています。ただし、これを寝る前に行わないようにしましょう。なぜなら手を冷やすと、熱放散ができなくなるために、体の深部の体温が下がらなくなって、寝付きにくくなるからです。褐色脂肪細胞を活性化して、体脂肪を燃焼させるには、青魚などに含まれるn-3系の脂肪酸(オメガ3)を、食事からしっかりと摂取することも大切です。