脂肪燃焼ダイエットと対策法TOP > 痩せる方法について > 体脂肪燃焼のサプリメントとは?

体脂肪を燃焼させるサプリメントについて

体脂肪燃焼のサプリメントって、たまに聞きますよね?たとえば有名なところでは、アミノ酸サプリでしょうか。有酸素運動の前に飲んでおくと、脂肪の燃焼を促進するというわけです。その意味では、コーヒーや緑茶、紅茶、コーラなどに含まれているカフェインも、体脂肪燃焼サプリといえますね。

カプサイシンという成分は、唐辛子に含まれていますが、これも体脂肪燃焼サプリメントとして有効です。カプサイシンを摂ると体温が上昇します。これは褐色脂肪細胞が活発になっているため。またアドレナリンを分泌させるため、カフェイン摂取時と同様に、運動における脂肪燃焼を活発にします。唐辛子がいやという人は、ダイエットサプリメントから摂取する方法もあります。

そのほかL−カルニチンも有名ですね。厳密にいうと、脂肪の燃焼を促進するわけではなく、細胞質内にあるミトコンドリアまで運んでいくわけですね。もしもL−カルニチンが不足すると、いくら脂肪を分解しても、燃焼行程までたどり着けなくなります。これは必須アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されます。

そのほかピルビン酸塩という体脂肪燃焼サプリメントもあります。これは運動をしなくても、体脂肪が減るそうですが、過度の期待は禁物です。なぜなら、もしそんなうまい成分があったら、肥満治療に活用されているはずだからです。この成分は、中鎖脂肪酸や共役リノール酸に似ています。

共役リノール酸は、ダイエットに有効な体脂肪燃焼サプリメントです。もともと牛などの反芻動物の胃の中で作られます。そのため乳製品や牛肉に微量ながら含まれています。共役リノール酸は、体脂肪がたまりづらくするとともに、体脂肪の分解を促します。しかも脂肪まで燃焼してくれるのです。そのほか筋肉増強作用もあるといわれています。

そのほか体脂肪燃焼サプリメントとしては、ドリンク剤で有名なタウリンがあります。ただし、薬の成分とされているので、サプリには含められないのが欠点です。スルメや青魚などの魚介類に多く含まれています。心筋を強化して、血行を促進する作用もあります。

以上、いろいろな体脂肪燃焼サプリメントや成分をご紹介してきました。大事なことは、これらの成分さえ摂っていればダイエットで痩せれると安心しないことです。体脂肪を燃焼するには、極端な食事制限を避けることが第一です。かといって食べ過ぎるのでもなく、その中間を目指すことです。その上で筋トレや有酸素運動に励むことが、もっとも確実な脂肪燃焼ダイエットの方法とコツといえないでしょうか?