脂肪燃焼ダイエットと対策法TOP > 痩せる方法について > 脂肪燃焼の運動とは?

脂肪燃焼の運動をするには?

脂肪燃焼の運動といえば、有酸素運動ですよね。もちろん筋トレ中も、多少は脂肪が燃焼します。しかし有酸素運動ほどではありません。筋トレは、エネルギー源の主体が糖質であり、乳酸系のエクササイズ。脂肪をゆっくりと燃やしていたのでは、間に合わないわけです。ブドウ糖はエネルギーとして使われやすく、燃焼効率もよいのです。

いっぽう脂肪燃焼運動の代表格である有酸素運動は、脂肪酸がエネルギー源の主体になります。有酸素運動中は、カロリーが少ないために、それほど一生懸命にエネルギーを作り出す必要はありません。

脂肪酸が主体の有酸素運動ですが、はじめは糖質がエネルギー源になります。血液中に流れているブドウ糖や脂質が、エネルギーとして使われるのです。もちろんはじめから、多少の体脂肪も分解され、燃焼はされています。そして徐々に、体脂肪の使用率が上がっていくというわけです。その、だいたいの境目が、運動開始後20分あたりというわけですね。

脂肪燃焼の運動は、このように有酸素運動ですが、最も大事なことは行う時間帯です。これを無視しては、せっかくの運動も台無しとなりかねません。

有酸素運動を脂肪燃焼のエクササイズにするには、食後から2時間以内は控えなければなりません。この時間帯は、血糖値が高く、そのため膵臓からインシュリンが盛んに分泌されてます。インシュリンは、グリコーゲンや脂肪細胞に蓄える働きがあります。そのため、この時間帯に運動しても、脂肪は分解されず、蓄えるいっぽうなのです。

その反対に、空腹時になると、今度は膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌されてきます。これはインシュリンとは反対の作用を持ち、脂肪やグリコーゲンを分解して、血糖値を維持します。ですから、脂肪燃焼の運動を求めるならば、空腹時に有酸素運動をすべきなわけですね。

空腹時といえば、朝起きた後や食事前が該当しますね。こういったときは血液中に、すでに脂肪酸が大量に流れていますから、すぐにでも脂肪を燃焼させることが可能です。通常は、20分以上たたないと、エネルギー源が脂肪酸主体になりません。しかし空腹時なら、その手間を省けるのです。運動の時間が取れないけれど、しっかりと脂肪を燃やしたいという人は、食後ではなく、食前に行うとよいのです。

そのほか脂肪を燃焼させる運動は、栄養成分を利用する方法もあります。たとえば運動前にカフェインを摂取するなどですね。すると交感神経が活発になり脳内にノルアドレナリンが、副腎髄質の末端からはアドレナリンが分泌されます。これが脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させ、元気づけることに。

あと、筋トレのあとに有酸素運動をすれば、それは効率的な脂肪燃焼運動にはや代わりします。空腹時に運動したかのような効果を見込めるのです。この場合も、アドレナリンがリパーゼを活性化するからです。脂肪分解効果のある、成長ホルモンも加勢します。

食後に筋トレをしている人は、そのあとに続けて有酸素運動をすれば、空腹でなくても、すぐに脂肪燃焼のダイエットが可能になるわけですね。