脂肪燃焼ダイエットと対策法

脂肪燃焼ダイエットと対策法では、体脂肪だけを効率よく落としていくためのテクニックを解説しています。

ダイエットというと、すぐに思い浮かぶのが食事制限。
でも、この方法はとても危険なんです。たしかに急激に食事制限をすることで、ある程度まで脂肪を燃焼するダイエットは可能です。でも、同時に大切な筋肉までそぎ落としています。

なぜなら過激な食事制限、たとえば低炭水化物ダイエットや食抜きダイエットでは、カロリーが決定的に不足するから。そうなると基礎代謝量を下回ってしまい、あなたの筋肉を分解するようになってしまうのです。

脳に必要な栄養素は、ブドウ糖だけです。これが不足すれば、あなたの筋肉を分解してブドウ糖を作り出します。これを糖新生といいます。このようにして極端な食事制限をすると、体脂肪とともに筋肉までもが減っていくのです。急激に体重が減るのは、比較的重い筋肉が減っていく証拠です。

しかも体脂肪を燃焼するダイエットが可能なのは、最初の内だけ。
やがて体が飢餓状態と察してしまい、脂肪の分解はセーブされます。つまり、できるだけ脂肪をため込もうという「節約遺伝子」が働き出すわけですね。こうなったらダイエットは停滞期に入り、どんなに食べなくても、なかなか痩せていかなくなります。

しかも体が飢餓状態になると、異常な食欲がわいてきます。そのパワーはすさまじものです。たいていの人は、食欲に逆らえずにドカ食いしてしまいます。そうすると脂肪をため込みやすい体質になっているところに、たくさんのカロリーが入ってくるわけですから、リバウンドするのは当たり前なのです。こうしてダイエットに失敗・挫折するわけですね。

脂肪燃焼ダイエットには正しいやり方があります。
今まで読んでこられて分かると思いますが、いかに筋肉を減らさずに、体脂肪だけを減らしてくかがポイント。むしろ筋肉量を増やしていくことが、ダイエットで成功するためのコツとなります。

そのほか脂肪を燃焼するためには、適切な時間帯や運動方法があります。時間帯というのは、食事との関係です。食後はインスリンが多く分泌されているので、脂肪が分解・燃焼されにくい時間帯。

反対に空腹時は、グルカゴンが分泌されているので、すでに脂肪が分解されています。よって空腹時を狙って有酸素運動をすれば、すぐにでも脂肪を燃焼させていくことができるのです。

そのほか脂肪燃焼ダイエットのオススメは、筋トレのあとやカフェインを飲んでから有酸素運動を行なうことです。このように効率よく脂肪を燃やす方法は存在しているのです。そうはいっても、しっかり食べないと、前述したように体が飢餓状態になりますから、注意が必要です。まずは食事ありき・・・これが正しいダイエットなのです。

結局は無理をせず、ストレスをかけないダイエット方法こそが、脂肪を燃焼できるダイエットといえるのです。当サイトが、みなさまの減量のお役に立てることができれば幸いです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)